fc2ブログ

街歩き「本成寺から『つるがや』へ」へのお誘い

ご案内しながら気になることがありました。みなさんはご覧になったことがあると思いますが静明院の『鯉に乗る仙人』です。下からは見えませんが仙人が持っている本に制作年代と雲蝶の名前が刻印されています。なぜ書きこんだのでしょう。蓮如院の『柿の実を持つ猿』はわざわざ「さるすべり」の木に座らせています。もっと格好のよい木があったと思いますが、とあるグループのガイドの時1人の男性が「このお寺粋ですね。」理由をお聞きすると「さるすべりの上に猿を置き、この庭には紅白の「さるすべり」の木でしょう。粋ですね。」とそうだったのかと感心しました。雲蝶は江戸の生まれです。江戸の町民文化をしっかりと持って三条にやってきたのでした。そんな雲蝶を当時の三条の人達は受け入れることが出来たでしょうか。また雲蝶は江戸文化とは間のある町に溶け込むことが出来たでしょうか。春来る

雲蝶のデフォルムされた迫力ある作品を堪能したあと彼が生きた町を通り、唯一軒町家を守る『つるがや』さんを訪ねます。ぜひ江戸文化の一端に触れてみてください。
      
街歩き
 本成寺―つるがやコース 5月6日(水)連休最終日です。午前9時本成寺赤門集合
        申し込み  予約専用ダイアル:070-2815-5812
        燕三条まちあるきHP:http://www.tsubasan-aruki.jp/
w。y
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三条雲蝶会

Author:三条雲蝶会
三条雲蝶会の最新情報ブログです。
雲蝶会の公式ホームページもご覧ください。http://uncho.hanamizake.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR