FC2ブログ

後年祭(第3回サミット)盛会裏に幕

三条雲蝶会です。

マスコミ各社のご協力(三条新聞6月11日、朝日新聞6月19日、キャレル7月号等)により、
7月20日(土)午後1時から満を持して準備してきた“石川雲蝶生誕200周年後年祭”が三条市中央公民館大集会室において開催されました。

当日は、市民をはじめ、近隣都市、東京三條会(県人会)、南魚沼市地域観光ガイドグループなど100名近い参加がありました。
既にご案内してあるように、メインテーマ『芸術、文化、産業の交流・循環~雲蝶を中心にすえて』のもと、1部は、埼玉学園大経済経営学部教授(前学部長)西山賢一先生の基調講演に続き、議題とした「人・文化の交流~観光と雲蝶~」について、創作民話の話題提供のあと、4人のパネラーと西山先生及びフロアーを交え、枝村佐門さんの司会進行で、
地域活性化に関する活発な意見交換が行われました。
皆さんの雲蝶に対する想い、郷土愛が強く感じられた会合でした。
結論的には、ストーリーのある地道な町おこし活動を組織的に続けることの大切さを教えられました。
最後に、「三条雲蝶宣言」が採択された。
2部では新潟県民謡連盟らの協力でアトラクションが行われ、
30名余りの方々とさらに突っ込んだ意見交換を行うことが出来ました。
当日の様子を新潟日報が23日付けで取り上げてくれました。
行政、パネラーなどの皆さん、
魚沼市大浦雲蝶会の皆さんはじめ多くの方々のお力添えに深く感謝いたします。

20150620.jpg
20150621.jpg
200622.jpg
(YY)

スポンサーサイト



雲蝶後年祭 第8報

三条雲蝶会です。

後年祭(第3回雲蝶サミット)まで残すところ1週間です。
ありがたいことに、新潟日報が記事にしてくれました。

IMG_1068.jpg

私たちが雲蝶を楽しみながら、お見えくださったみんなさんには行って良かったと思ってもらえるような会にするべき追い込みをかけております。
バラエティーに富んだプログラムを組んでおります。
第2部の意見交換会では大いに語り合いましょう。

後年祭 第7報

三条雲蝶会です。

 「広報さんんじょう」6月1日号のミニ情報(18ページ)に準備中の“雲蝶生誕200周年後年祭”が紹介されました。

これで、30人位の方が申し込みをしてくれると嬉しいのです。お席はまだ十分あります。

  8日には手順書による打ち合わせ、19日には公民館で設備等の最終チェックをして皆さんのお出でになるのをお待ちしております。

  講師やパネラーの方々も張り切っていらっしゃいますので、いい後年祭になることは受け合います。